【 稲垣足穂 [ちくま日本文学016]】稲垣 足穂 (著)

Category : BOOKS , 文学・詩


【内容】

宇宙の果てからやってきた、妖しくも切ない物語たち
(解説: 佐々木マキ)

【目次】
一千一秒物語
鶏泥棒
チョコレット
星を売る店
放熱器
フェヴァリット
死の館にて
横寺日記
雪ヶ谷日記
山ン本五郎左衛門只今退散仕る
空の美と芸術に就いて
われらの神仙主義
似而非物語
タッチとダッシュ
異物と滑翔


稲垣/足穂
1900‐1977。
大阪・船場の生まれ。幼いころ兵庫県の明石に転じ、神戸界隈で育つ。
少年時代はヒコーキに熱中。関西学院卒業後、上京。
はじめ飛行家、ついで画家をめざした。文学に転じたのち佐藤春夫の知己を得て「チョコレット」「星を造る人」を発表。
イナガキ・タルホの名前で「一千一秒物語」を出す。放浪生活のかたわら、文壇とは遠いところで独特の作風による小説を書きつづけた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

***************
著者:稲垣足穂
出版社:筑摩書房
判型:文庫版14.8 x 10.8 x 2.2 cm
頁数:480ページ
***************

型番 cbbs029
販売価格

1,296円(内税)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Cart

View Cart

Search

Recommend

Category

Feeds

RSS - ATOM